レーシックで目の悩みを解消!レーシックの名医・優良クリニックを検索、体験談、特典付き予約受付

レーシックとは


レーシック(LASIK)はエキシマレーザーによる視力矯正手術で、眼鏡・コンタクトレンズに代わる選択肢として現在大変な注目を集めています。手術件数が年間100万件超と(2006年は150万件とも)言われるアメリカに比べ、日本国内においては慎重な見方が強かったのですが、2000年1月に厚生省(現厚生労働省)がエキシマレーザーを認可したこともあり、近年施術数が急増しています。
スポンサード リンク

レーシックの原理

近視とは角膜や水晶体を通過した光が網膜に届く前に結像してしまう状態を言います。遠視は逆に網膜よりも奥で焦点が結ばれ、乱視の場合は角膜に歪みがあるため焦点が一点に合いません。つまりいずれも焦点が網膜上で合ってくれないがためにぼやけて見えてしまう。それならばレーザーで角膜を削ることで光の屈折具合を調整し、焦点を網膜に合わせて視力を矯正しようというのがレーシック(LASIK)の考え方です。
もともと運動選手やコンタクトレンズに適応のない人のための視力矯正手術でしたが、ゴルフのタイガー・ウッズを始めとする数多くの有名スポーツ選手がこの手術を受けたことからレーシックの名前は広く一般に知られるようになりました。
スポンサード リンク



Copyright (C) 2006 Qwintet Inc. All Rights Reserved .