レーシックで目の悩みを解消!レーシックの名医・優良クリニックを検索、体験談、特典付き予約受付

レーシック手術


レーシック(LASIK)の手術の手順は以下の通りです。
まずマイクロケラトームという機械で角膜の表面(角膜上皮と角膜実質層の上部)を薄く削り、フラップ(ふた)を作ります。このとき完全に切り離すのではなく一端はつなげたままです。フラップをめくったその下の角膜実質層にコンピュータ制御のエキシマレーザーを照射し、数ミクロン単位で削って屈折を調整、最後にフラップを貼り付けるように元の位置に戻せば自然に接着して出来上がりです。
所要時間は片眼10分程度。点眼麻酔でほとんど痛みはありません。1時間ほど休息をとれば帰宅できます。
スポンサード リンク

マイクロケラトーム

フラップを作るための機械であるマイクロケラトームは非常に精密な電動メスです。フラップを作ることで角膜を守る角膜上皮が保存されるので、術後の回復を早め、痛みや感染症の危険を小さくすることができます。
しかしうっかりフラップを切り離してしまうと元に戻すのが難しくなります。フラップを薄く削りすぎても元に戻したときにしわが生じ、視力の低下につながる恐れがあります。フラップの形成には医師の確かな技術とマイクロケラトームの質(精密性)、どちらも欠かすことはできません。

エキシマレーザー

レーシックに使われるエキシマレーザーの光は波長が短く熱を発しないので、角膜に余分な負担を与えることなく手術を行うことが可能です。最近の装置には手術中に眼が動いても自動的に合わせてくれる機能が付いており、より高い安全性を実現しています。
とはいえ自動制御だからこそ、術前の正確な検査データとそれをもとに判断を下す医師の経験が非常に重要になってきます。
スポンサード リンク



Copyright (C) 2006 Qwintet Inc. All Rights Reserved .