レーシックで目の悩みを解消!レーシックの名医・優良クリニックを検索、体験談、特典付き予約受付

レーシックのリスク


レーシック(LASIK)の安全性が非常に高いものであることは確かですが、医療手術である以上100%安全とは言い切れません。合併症もあれば、思ったほどの効果を得られないケースもあります。またレーシックは角膜を削ることで屈折を調整する手術です。たとえ結果に不満があっても元に戻すことはできません(角膜の厚さが十分あれば再手術は可能です)。レーシックのリスクを少しでも減らすためには、確かな技術と機器とを併せ持つ眼科専門医にかかることが重要です。
以下にレーシックのリスクの一部を紹介します。
スポンサード リンク

ハロ、グレア

レーシック経験者にもっとも多く見られる合併症がハロとグレアです。いずれも夜間に出る症状で、光の周囲に輪ができるのがハロ、光がにじんで見えるのがグレアです。3ヶ月から遅くても6ヶ月程度で気にならない程度に治まりますが、そのあいだ夜間の運転には支障が出る可能性があります。

ドライアイ

ドライアイもレーシックを受けた多くの人が経験しています。フラップを作る際に角膜の神経を切断してしまうとこのような現象が起こるようです。眼が乾燥しやすい状態ですが、こまめに点眼していればそれほど問題はないでしょう。神経の再生とともに通常3ヶ月程で回復します。

フラップ異常

フラップを適切に作ることができなかった、あるいは眼に強い衝撃を与えてしまいフラップがずれてしまったという場合、不正乱視や視力の低下を招く恐れがあります。角膜実質層には再生能力がないためフラップが完全に固着することはありません。もちろん術後1ヶ月もすれば簡単に外れることはありませんが、おかしいなと思ったらすぐに眼科の診断を受けましょう。
スポンサード リンク



Copyright (C) 2006 Qwintet Inc. All Rights Reserved .