レーシックで目の悩みを解消!レーシックの名医・優良クリニックを検索、体験談、特典付き予約受付

PRK


PRK(ピーアールケー)はレーシックからの派生ではなく、レーシック以前から行われていた屈折矯正の方法です。フラップを作成するのではなく、角膜上皮を取り除いてから角膜実質層にエキシマレーザーを照射します。角膜上皮の除去方法により幾つかのバリエーションがあります。フラップの問題がないため衝撃に強く、格闘技やラグビーなどのコンタクトスポーツが可能です。角膜の厚さもレーシックほど必要としません。
術後は角膜上皮が再生するまで保護用のコンタクトレンズを装着しますが、レーシックに比べると痛みが強く、視力の回復に時間がかかります。ヘイズと呼ばれる角膜の白濁が出る場合もあり、術後半年くらいは紫外線を避けるためにサングラス等で眼を保護する必要があります。
スポンサード リンク



Copyright (C) 2006 Qwintet Inc. All Rights Reserved .